JUNON TV

『約ネバ』の重要キャスト!山時聡真さんに緊急取材

JUNONプレミア♡

『約ネバ』の重要キャスト!山時聡真さんに緊急取材

『週刊少年ジャンプ』で連載され、海外でも高い評価を獲得、もちろん日本でも大人気の『約束のネバーランド』が実写化、12月18日(金)から公開されています。浜辺美波さん、北川景子さん、渡辺直美さんら豪華なキャスト陣のなかで、今回JUNONが注目したのは「今まででいちばん、成長できたと思います」と目を輝かせて語ってくれた山時聡真くん、中学3年生。山時くんに、作品のこと、プライベートのことを聞きました。

『約束のネバーランド』

2020年12月18日(金)全国東宝系公開

©️白井カイトウ・出水ぽすか/集英社

©️2020映画「約束のネバーランド」製作委員会

―『約束のネバーランド』に出演が決まったときのことを教えてください。

「何度もオーディションを重ね、それを通過しての出演決定だったので、本当にうれしくて。マネージャーさんとハイタッチして、本当に飛び跳ねて喜びました(笑)」

 

―現場はどんな雰囲気だったんでしょうか?

「孤児院を舞台にしたお話で、同世代の子や、もっと小さい子も含めて子どもがたくさんいたんですけど、楽しい現場でした。主演の浜辺(美波)さんをはじめ、城桧吏くん、板垣李光人さんもとてもやさしくて、みんな本当の家族みたいにずっと一緒にいました。撮影以外の時間もゲームをしたり、年齢が近い子とはバスケをしたり。僕は小さい子が大好きなので、“よしよし”ってして仲良くなりました(笑)。1か月くらいの撮影期間だったのですが、一緒に過ごす時間が多かったからこそより仲良くなれたんだと思います」

―城さん、板垣さんとのシーンも多かったですよね。

「城くんとは、年齢が近くて、出演者のみなさんのなかではいちばん仲良くなれたと思います。板垣さんは僕より少し年上で、たくさんアドバイスをしてくださいました」

 

―どんなアドバイスだったんでしょうか?

「お芝居の細かい部分なんですけど、僕がリュックを持つシーンで『こういう向きにしておいた方が後で持ちやすいよ』と教えてくださって。あ、たしかに!と、今までどうしてそうしてなかったんだって自分でも思ったんですけど、そういう細かいことで動きやすさがアップして。アドバイスが的確で、やっぱり板垣さんってすごい、と感じました」

 

 

―撮影で印象的だったことはありますか?

「平川雄一朗監督に、厳しく演出をしていただいたことです。何回も何回も、同じシーンのお芝居を繰り返しやっていくうちに、だんだん自分の感情をすごく大きく出せるようになってきて。あとは、シーンによっての感情の出し方について教えていただきました。自分でもちょっとだけ自信がついたし、成長を感じて、クランクアップしたときは『もう終わっちゃうのか。もっと怒られたかったな』って。怒られたくはないんですけど(笑)。最後、監督と握手をしたんですけど、『監督と握手してる〜〜〜!』ってすごく感動しましたし、これからも教えていただいたことを忘れず作品に挑んでいきたいと思います」

―山時くんご自身のことも教えてください!

「『約束のネバーランド』で演じたドンもそうだと思うんですけど、僕は運動が大好きで、もう引退してしまいましたが、部活ではバスケットボール部で副部長をしていました。今は中学3年生で受験を控えているので勉強を頑張っていますが、遊ぶときは思い切って体を動かすほうが好きです。鬼ごっこもしますよ(笑)。あと、マジックが得意で、以前、ドラマでご一緒させていただいた井上真央さんにトランプのマジックを見ていただいたことがあります。緊張して顔が真っ赤になってるところを写真に撮られちゃいました(笑)。マジックを始めたのは小学校2年生か3年生のときにテレビで観たのがきっかけ。不思議なことが大好きだし、手や指先を使うことが好きなんです。今日も実はトランプを持ってきています(笑)」

 

 

―今度ぜひJUNONで見せてください(笑)。俳優を目指すようになったきっかけは?

「5歳のときに、姉ふたりと一緒に三人でスカウトされて、それをきっかけに芸能のお仕事をするようになりました。家の都合で6歳のときに福岡に引っ越したんですけど、お仕事はずっと続けていて。『ゆずの葉ゆれて』という映画に出演して、2017年に賞(モスクワ国際映画祭 ロシア連邦文化省 優秀演技賞)をいただいたのですが、それがきっかけで、新田真剣佑さんにお会いする機会があったんです! そのときに『いつか共演しようね』と声をかけていただいて、それでもう舞い上がってしまって。そのあとすぐ東京に戻ってきてお仕事をさせていただくなかで、自分以外のキャラクターになれることなどどんどんお芝居の楽しさに気づいて、俳優として生きていく、と決意をしました」

―今、どんな目標を持っていますか?

「これまでいただいたのは、やさしくて周りから好かれるような役が多かったのですが、悪役とか憎まれる役もやってみたくて。どんな役でもしっかりと役に入るということと、かたちとして残る賞をいただくこともこの先の大きな目標です」

 

 

―最後に『約束のネバーランド』での見どころを教えてください!

「(演じた)ドンが大きく感情を出すところやにらんでいるときの目での表現など、特に監督から言われた“背中の芝居”に注目して観ていただきたいです。僕の背中の演技やストーリー含め、たくさん観ていただきたいところがあります。たぶん一度では観きれないと思うので、2回、3回と観ていただけるとうれしいです(笑)」

Profile

山時聡真(さんとき・そうま)2005年6月6日、東京都生まれ。特技は、バスケ、空手(黒帯)、ボルダリング。これまでの出演作に、映画『ゆずの葉ゆれて』『めんたいぴりり』、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』、ドラマ『少年寅次郎』『病院で念仏を唱えないでください』、NHK連続テレビ小説『エール』などがある。2021年にはカンテレ・フジテレビ系1月期火曜ドラマ『青のSP-学校内警察・嶋田隆平』の出演を控える。

 

撮影/つぼい ひろこ

JUNON編集部

JUNON編集部

月刊誌『JUNON』、公式動画メディア『JUNON TV』、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストを展開する、JUNON編集部公式アカウント。

こんなバレンタイン、ドキドキが止まらない♡【オフショット動画♡】奥野 壮

JUNONオフショット♡

こんなバレンタイン、ドキドキが止まらない♡【オフショット動画♡】奥野 壮

#JUNONTV #JUNON3月号 #好きバレ全開♡ #奥野壮 #オフショット動画 #ショコラティエ #あざキャワ

JUNON編集部

八代くんにはいつも感謝の気持ちでいっぱい【取材秘話♡】八代拓

JUNONオフショット♡

八代くんにはいつも感謝の気持ちでいっぱい【取材秘話♡】八代拓

 

JUNON編集部

おごたん先輩、あざキャワすぎます♡【オフショット動画♡】小越勇輝

JUNONオフショット♡

おごたん先輩、あざキャワすぎます♡【オフショット動画♡】小越勇輝

#JUNONTV #JUNON3月号 #あざキャワ #小越勇輝 #オフショット動画 #原宿デート #おごたん先輩

JUNON編集部

おうちで彼としゃべりまくるバレンタインを【オフショット動画♡】溝口琢矢

JUNONオフショット♡

おうちで彼としゃべりまくるバレンタインを【オフショット動画♡】溝口琢矢

#JUNONTV #JUNON3月号 #もしも彼とバレンタインデートするなら #溝口琢矢 #オフショット動画 #愛を込め...

JUNON編集部

PICKUP

最新JUNON3月号 表紙&目次&中身 最速解禁♡ 

JUNONオフショット♡

最新JUNON3月号 表紙&目次&中身 最速解禁♡ 

今月も豪華スター絢爛♡ 最新JUNON3月号 表紙&目次 最速解禁です! 毎日UPしていくので、お気に入り登録よろしくね♩ 中身もチラ見せちゃうぞ!

JUNON編集部

[JUNON選出♡] 2021年見逃せない! ネクストブレイクは誰だ!?

JUNONプレミア♡

[JUNON選出♡] 2021年見逃せない! ネクストブレイクは誰だ!?

もしかしたら編集者人生でも一番緊張する瞬間かもしれません。 それくらい気合いを入れて発表する、 2021年見逃してはならないイケメンたち。 日々の取材活動の中でイケメンセンサーにびびっときた魅力を どうしても読者のみなさんに伝えたい!という熱い想い、 是非受け止めてください。

JUNON編集部

第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト応募スタート!

ジュノンボーイ・コンテスト

第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト応募スタート!

「あなたの隣のすてきな男の子、推薦してください」をキャッチフレーズに、1988年にスタートしたジュノン・スーパーボーイ・コンテスト。これまで武田真治、袴田吉彦、小池徹平、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉など、数々のスターを世に送り出してまいりました。 ---What is ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト ? 応募資格は、応募時12歳から22歳の男子。 例年1万人を超える男の子からの応募から、第1次審査<書類・写メ・アプリ選考>→第2次審査<例年は全国数カ所での地方予選。今年はリモートでの選考>→第3次審査<数ヶ月にわたる段階的な人気投票>を経て、敗者復活者含むファイナリスト15名が決定。 11月下旬の最終選考会にて、グランプリを始め各賞が決定。 多くのファイナリストが芸能プロダクションからのスカウトを受け、所属となります。 エントリー方法はふたつ!

JUNON編集部

[第34回サバイバルリベンジ]エントリースタート!!

ジュノンボーイ・コンテスト

[第34回サバイバルリベンジ]エントリースタート!!

◾全体概要 「サバイバルリベンジ」は、昨年行われた第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでBEST1000に進出した方のなかでリベンジ希望者を対象に、JUNON公式アプリ「CHEERZ for JUNON」&ライブ配信サービス「SHOWROOM」で行われる、“第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト BEST150先行確約イベント”となります。以下の各イベントでの戦いを勝ち抜き“リベンジ=サバイバルに成功”した12名が、本戦の選考スケジュールに先駆けて、今年の第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストBEST150を確約されます。 ■参加対象者 ・第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストBEST1000 であること。 ・12歳〜22歳の芸能事務所・モデル事務所・レコード会社など(ライバー事務所はこれに該当しない)に所属していない方。 (※ただし誕生日が1998/4/2(水)〜2009/4/1(火)に該当すること)

JUNON編集部

JUNON TVer

ジュノンティーバー