JUNON TV

[前編]~卓球とEBiDANでドラマはじまります。~[JUNON TV限定♡]

JUNONプレミア動画

[前編]~卓球とEBiDANでドラマはじまります。~[JUNON TV限定♡]

[前編]~卓球とEBiDANでドラマはじまります。~[JUNON TV限定♡] -- JUNON5月号(3月21日発売)に掲載しきれなかったQ&Aを一挙掲載! 4月8日(水)スタートのドラマ『FAKE MOTION- 卓球の王将-』(日本テレビ・毎週水曜深夜24:59〜)出演者緊急アンケート! まずは、“恵比寿長門学園”からいってみよ~!

質問はコチラ♩


Q1 自分自身と役柄の共通点と相違点を教えてください。


Q2ドラマの見どころとご自身の見どころを教えてください。


Q3 最後にJUNON読者へメッセージをお願いします!


“恵比寿長門学園”

★佐野勇斗(高杉 律役)

A1 律は仲間思いなのですが、僕自身もM!LKというグループをやらせてもらっていて、メンバーのことは家族のようにとても大事だし、5人で頂点を目指して頑張っていきたいと思っているので、仲間に対する愛は似ていると思います。違う点は、律はクールというか、あまりふざけたりしないタイプで熱い男という感じなのですが、僕はおちゃらけるところがあるので、そこは違うと思います。


A2 ドラマの見どころは、やっぱりイケメンが勢ぞろいしているところですかね! 自分で言うのもなんですけど(笑)。先輩方と対決するシーンも多いので、EBiDANとしては伝説の作品になるんじゃないかなと思います! 僕自身としては、卓球のシーンはすごく練習しましたし、卓球アクションという感じでトランポリンを使ってジャンピングスマッシュを打ったりするシーンも多かったので、ぜひ見てほしいと思います。


A3 『FAKE MOTION-卓球の王将-』は4月8日からスタートしますが、元号も令和になり、いよいよ2020年、これからはEBiDANが時代を担っていくぞという気持ちで作りました。ぜひ、多くの方に見ていただいて、EBiDANという名を日本中に知らしめる作品にしたいと思っているので、よろしくお願いします!


★古川 毅(桂 光太郎役)

A1 自分もよく熱い男と言われるので、そこは光太郎と同じかもしれません。相違点は、怒っても声を荒げたりしないというところですかね(笑)。もちろん、光太郎にも声を荒げるだけの理由がしっかりあってのことですが、僕自身は滅多にしないかなと思います!


A2 卓球を通して仲間との友情や成長など、青春スポ根ドラマの王道の要素がしっかりと描かれていると思います。またCGを含めたフィクションとしてのおもしろさもあり、新しいスポーツエンターテインメントになっています。音楽を含めて様々なポイントから楽しんでいただきたいです。


A3 JUNON読者の皆さんが絶対にハマる作品だと思います。なぜなら、これだけのイケメンが揃っているので(笑)。この作品を通して、EBiDANをたくさんの方に知ってもらうことができたらうれしいです。そして一人でも多くの方にご覧いただきたいです!


★橘 柊生(日下丈道役)

A1 役柄が当初の設定と変更になったりしたところもありましたが、基本的なところは、わりと自分に近かったのかなぁと思います。


A2 たくさん練習をした事もあり、卓球シーンは楽しみにしていてほしいです。


A3 ドラマを観たことがきっかけでEBiDANに興味を持ってくれたら嬉しいです!


★田中洸希(井上紋太役)

A1 優しくて仲間思いなのは同じだなぁと思います(笑)。相違点はあんまりお調子者ではないと自分では思っています。


A2 この『FAKE MOTION-卓球の王将-』という作品は学園ドラマなのですが、学力などではなく卓球で優劣を争う物語となっていて、そのなかに学生ならではの青春や友情が描かれた、とても熱く、感動する作品になっていると思います。卓球もアクションがとても激しいので、バトル中のひとりひとりの技にも注目していただきたいです。そして、モンキーは本当にその場その場で雰囲気がガラっと変わり、カッコいいところや、ちょっとドジっぽいところなど見どころ満載のキャラクターだと思います。


A3 僕は今回、ドラマ初挑戦だったのでとても緊張したのですが、EBiDANのみんなに支えていただきながらも最高の作品にすることができたんじゃないかなと思います。普段じゃ見られないEBiDANメンバーの熱い演技やバトルが見られたり、幅広い年齢で楽しめる作品だと思うので、ぜひチェックよろしくお願いします!

★山中柔太朗(斉藤 快役)

A1 今回の役柄は、ほぼ普通に話す場面がなく、基本ラップ調でした。ラップをすることがなかなかないので、状況を受け取って感情を動かしてラップで表現するのがシンプルに難しかったです。


A2 アクションだったり友情だったり、「すごい役者」が本気でぶつかり合うシーンは鳥肌ものです。僕自身、本当に勉強になりました。ラッパー3人の関係性や、物語が進むにつれての変化など、気にしていただけたら嬉しいです。


A3 それぞれEBiDANのグループとは違った一面の顔が見られると思います。ドラマ、絶対に見てください!

★田中雅功(山田役)

A1 僕も山田のように常に前に出るタイプではないかな、と思います。ただ、そんな気弱な性格の中にもしっかりと自分の芯を持っている役なのでそこは自分の強さを出せるように頑張りました。


A2 とにかく熱い展開が繰り広げられます! 卓球をあまり知らなくても120%楽しめる作品だと思います。そして、試合の勝敗だけでなく、チームメイトや、相手選手、僕らのような卓球部員でない生徒の間で生まれる絆にも注目してほしいです。


A3 僕たちEBiDANのすべてが詰め込まれたドラマです! あまりEBiDANも卓球も知らないし、と思っているあなたでも絶対に楽しめるドラマです! ぜひご覧ください!


★髙田彪我(倉本役)

A1 いつも誰かの背中を追っているところは自分と似ているなと思います! 逆に、リッツを卓球部に入るように説得した場面のように、自分の思いをちゃんと言えるところは現実世界の自分とは違うところかなと思います。


A2 どの年代でも楽しめるようなストーリーとそれを盛り上げる展開が詰まっています! ちょっとしたユーモアもあるので、笑えること間違いなしです! ぜひ倉本と山田の手元にも注目してみてください!


A3 いろんなキャラクタ−が登場するこのドラマは、きっと飽きることはありません! ぜひみなさんも、FAKE MOTIONの波に乗ってくださいね!


★吉澤要人(伊藤俊介役)

A1 自分との共通点は多くて、僕も人見知りであまり進んで発言したりするのは苦手なので、トビーの気持ちはとても共感できました。相違点は声の大きさだけです。話す声は結構大きい方だと思っています。


A2 卓球をしているシーンでは卓球ならではの迫力や緊張感を味わえるので、卓球を経験したことがある方はもちろん、卓球をやったことがない方も楽しんでいただけると思います。また、僕が演じるトビーが卓球を通じて人間として成長していく姿も見ていただけると思います。


A3 読者の皆さん! このドラマが皆さんの1週間の楽しみになったらうれしいです! 今回をきっかけにぜひ卓球をやってみてください! よろしくお願いします。

★髙松アロハ(槇原 遊役)

A1 共通点は、オレンジ色が好きってこと! 偶然にも大好きなオレンジ色のニット帽が衣装の小物になったのにはびっくりしました。相違点は、ラッパー軍団っていうくらいですから、いかにもな感じの役のイメージで、今の僕、金髪も含めて外見はチャラく見えますが、内面はめちゃくちゃ真面目です。ホントです!(笑)


A2 求めている理想の未来に向けての友情や駆け引き、なんといっても演じる一人一人のキャラクターの濃さが最大の見どころだと思います! 「えっ!? あの人がこの役を!?」という感じです! 僕の見どころは、ラップでディスる割にかわいいポーズも決めるところを注目して欲しいなと思います。


A3 JUNONさんに登場させていただくという、夢のひとつが叶いました! この作品は、実際に卓球をやっている関係者の方々も身を乗り出して見てしまうリアルな試合のシーンもたくさんあって、何回も見直したくなる中毒性のあるドラマです! また、僕は男女混合ダンスヴォーカルグループユニットDAN⇄JYOメンバーとしても活動していますので覚えてもらえるとうれしいです。


★富本惣昭(桑田 楽役)

A1 共通点は先輩たちに常にペコペコしているところです。相違点は荒れている性格だったり、見た目のクセの強さだったり、かなり違います。


A2 主人公である高杉さんが、幼なじみの桂さんや仲間とぶつかるのですが、様々な経験をすることによって力をつけ、東東京王者である薩川大学付属渋谷高校に挑むところが見どころです。僕の見どころは、最初は高杉さんを嫌うものの接することで少しずつ思いが変わるところと、斉藤と槙原と3人でラップをするところがおもしろいのでぜひチェックしていただきたいです。


A3 この作品は本当に卓球に対する愛だったり、仲間との友情だったり、時にはおもしろさだったりが描かれておりますので、ぜひ見てください!



★北村匠海(松陰久志役)

A1 普段から共通点を見つけて芝居をすることはあまりないのですが、器の大きさには関心しました。


A2 汗水垂らしてみんなが一丸となって毎日頑張って撮影した作品です。そんなみんなの姿を目に焼きつけてくれたら嬉しいです。僕自身は久々の制服を着ています(笑)。


A3 EBiDANはJUNONさんに長年お世話になっていますが、新たな一面が見られると思うのでぜひテレビの前で待っていてください。

[Information]4月8日スタート♡ EBiDAN大集合ドラマ 『FAKE MOTION-卓球の王将-』

世は卓球戦国時代。高校生同士の優劣を決めるのも、勉強や喧嘩の強さではなく、卓球の勝敗。戦国時代の領地争いのごとく、高校生同士の覇権争いは、熾烈を極める。激選区、東東京の頂点に君臨するのは、完全無欠の王者・薩川大付属渋谷高校。彼らは常に勝利を義務付けられていた。かつては幾多の高校が打倒薩川と息巻き、下克上を成し遂げようとした。だが、その強さの前に多くの高校が屈し、薩川の傘下となる。そして、いつしか傘下内でも序列ができあがった。卓球ランクが下位の高校は上位の高校に絶対服従。卓球による優劣の中、どんな理不尽もまかり通った。『薩川の傘下に非ずんば高校に非ず』。そんな時代に王者薩川に戦いを挑んだ高校があった。

JUNON編集部

JUNON編集部

月刊誌『JUNON』、公式動画メディア『JUNON TV』、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストを展開する、JUNON編集部公式アカウント。

「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト地方予選」オンライン審査実施に切り替え

ジュノンボーイ・コンテスト

「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト地方予選」オンライン審査実施に切り替え

新型コロナウイルスの感染拡大、また政府の緊急事態宣言発令にともない、弊社主催の「第33回ジュノン・...

JUNON編集部

[第33回]結果発表/BEST150確約イベント<第3弾>

ジュノンボーイ・コンテスト

[第33回]結果発表/BEST150確約イベント<第3弾>

第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト BEST150確約イベント<第3弾>結果発表! 下記2名がBEST1...

JUNON編集部

[刀ステ]舞台『 刀剣乱舞』2020年夏新作公演 追加キャスト&ビジュアル解禁!!

いろいろ♡

[刀ステ]舞台『 刀剣乱舞』2020年夏新作公演 追加キャスト&ビジュアル解禁!!

舞台『 刀剣乱舞 』2020年夏公演が決定している最新作! 刀ステ初登場となる刀剣男士4振りの追加キャス...

JUNON編集部

【最終回にして】令和初最年少ジュノンボーイ渡邉多緒が「利きトマト」に備えて練習しておきたいと言い出した【神回】

JUNONプレミア動画

【最終回にして】令和初最年少ジュノンボーイ渡邉多緒が「利きトマト」に備えて練習しておきたいと言い出した【神回】

【最終回にして】令和初最年少ジュノンボーイ渡邉多緒が「利きトマト」に備えて練習しておきたいと言い...

JUNON編集部

PICKUP

最新JUNON5月号 表紙&目次&中身 最速解禁♡ 動画UPスケジュールも♡

JUNONオフショット動画

最新JUNON5月号 表紙&目次&中身 最速解禁♡ 動画UPスケジュールも♡

今月も豪華スター絢爛♡ 最新JUNON5月号 表紙&目次 最速解禁です! 動画UPスケジュールも要チェック♡ 中身もチラ見せちゃうぞ!

JUNON編集部

「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト地方予選」オンライン審査実施に切り替え

ジュノンボーイ・コンテスト

「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト地方予選」オンライン審査実施に切り替え

新型コロナウイルスの感染拡大、また政府の緊急事態宣言発令にともない、弊社主催の「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト地方予選」開催の対応につきまして、下記ご案内いたします。 なお、第1次審査の通過者(第2次審査進出者)への連絡は合否に関わらず、メールにて、 4月中旬目処にお送りさせていただきます。 今しばらくお待ちください。

JUNON編集部

Da-iCE/JUNON5月号(3月21日発売)登場♡

JUNONオフショット動画

Da-iCE/JUNON5月号(3月21日発売)登場♡

#JUNONTV #Da-iCE #念願のスノボ企画が実現🏂 #ゲレンデではしゃぐ5人 #Da-iCE内対抗ソリ大会も🛷 #このトキメキ♡ #全部Da-iCEのせいだ!

JUNON編集部

JO1/JUNON4月号(2月22日発売)登場♡

JUNONオフショット動画

JO1/JUNON4月号(2月22日発売)登場♡

#JUNONTV #JO1 #私たちはJO1に飢えている #最高の11人が #JUNONに初登場してくれたよ #本誌では恋愛トークも…♡ #ぜひチェックしてね😋

JUNON編集部

JUNON TVer

ジュノンティーバー